理学療法士

理学療法士は自己研鑽する必要があるか?

こんにちは、りょうへいです!

セラピストは勉強が必要か否か聞くことが多いですよね。

セラピストは勉強しても給料が上がらないことがほとんどです。

だから、

「勉強しても給料が増えないから程々でいいよ」

と発言を1度は聞いたことがあると思います。

 

企業であれば資格を取る、

成果によって収入が上がることが多いと思います。

 

しかし、理学療法士は知識、技術に関係なく年数によって

少しづつ給料が上がっていきます。

 

そのため、参考書を買ったり、セミナーに参加しても

同期と給料が変わらないですよね。

 

それでも僕は自己研鑽はする必要があると思います。

今日は、なぜ必要かをお伝えしようと思います。

 

患者さんを良くするため

患者さんを良くするも、悪くもするも

セラピストに影響されると思います。

大袈裟に聞こえるかも知れませんが

リハビリは今後の生活を左右するものだと思います。

 

技術、知識がないからみれませんでは通用しないし、

知らなかったでは済まされないこともあります。

 

知らないのであれば調べたり、先輩に聞いたり、

どうしたら良くなるか方法を探す必要があります。

人生を良くするために寄り添い、最善を尽くす必要があると思います。

 

分かってくると楽しくなる

臨床では疑問に思うことはたくさんあると思います。

教科書通りに行かないことが多く、悩む時もあります。

 

何をしていいのか分からない

なんで症状が良くなったのか分からないまま

進めても自分自身の成長には繋がりません。

 

問診→評価→アセスメント→治療し患者さんが変化することで

より理学療法士にやりがいを感じると思います。

なぜ、良くなったのか分かってくると、

さらに勉強しようと思い、リハビリの幅が広がっていきます。

新しいことを知ることで楽しくなり、

より努力しようと思えるようになります。

まずは患者さんに向き合い、

しっかり考えることが大切だと思います。

 

色々な選択肢を増やすため

セミナーに参加すると技術、知識でだけでなく、

人との出会いにも繋がると思います。

セミナーに参加すると、

色々な分野の方と接することがあり

その中で今まで経験したことのないお話し、

考え方を聞くことができます。

自分の知らなかった世界が知れる機会にもなり、成長に繋がります。

また、違う分野の方に話を聞くことで興味を持ち、

新たな分野でチャレンジをする人もおられます。

出会いによって、視野が広がってくると思います。

 

最後に

自分の家族が入院した時に勉強している人勉強してない人

どっちに見てもらいたいですか?

当たり前に自己研鑽しているセラピストに見てもらいたいですよね!!

あなたに診てほしいと思われるような

セラピストに成長できるように日々努力していきたいと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

ABOUT ME
RYO
RYO
現在、理学療法士をしています。「将来への不安」+「色々な選択を求め」アフィリエイト開始。ビジネスでは初心者ですが少しづつ成長していきます。よろしくお願いします!!