理学療法士

勉強したままで終わってないか?

こんにちは!りょうへいです!

僕はインプットしてばかりで勉強会に行って、

満足していることが多かったです。

自分がお金を払って行ったのだから、教える必要はない

アウトプットは苦手だからしたくないと逃げていました。

そんな僕がどうやってアウトプットしたのかをお話ししたいと思います。

 

人に伝えないと忘れる

最初はセミナーに行くことで勉強したつもりになっていました。

人は20分後には42%1時間後には56%1日で74%忘れると言われています。

そのため、時間が経つにつれ、

勉強した内容を忘れ、資料も見なくなっていきました。

ある日、セミナーでの内容を友達に教えてと

頼まれた時にうまく説明ができませんでした。

このままだといけないと思い、

帰宅して朗読をしながら伝える練習をしました笑

次の日には自分なりに説明ができ、理解してもらえました。

この時にアウトプットの大切さを知りました。

言語化してさらに相手に伝えることで学んだことになると思いました。

 

まず始めたこと

僕は人前で話すのが苦手ですぐに緊張してしまいます。

なので、勉強会に行っては資料見て、

自分の頭の中で解決していました。

そんな僕が最初に始めたことは

家族、奥さんに勉強で学んでことを説明し、

理解してもらうまで付き合ってもらいました。

ここで理解してもらえれば、

理学療法士の方にはすぐに伝わると思います。

また、実技でも気兼ねなくできるので最初にはいいと思います!

 

その次に職場の後輩、同僚です。

朝早く又は仕事後にお願いして、

技術、知識を共有しながら行っていました。

もちろん、付き合ってもらっている以上は

僕が知っていることは全て教えていました。

その中で疑問に思うことをディスカッションすることで

さらに深まり定着してくると思います。

 

そして、リハビリ科での発表です。

もちろん最初は緊張はしますが、

皆に伝えることで自分の知識もよりついてくると思います。

先輩方もいる中で伝えるのは不安だと思いますが

同僚・後輩とは、違う視点での質問、改善点を伝えてくれるので、

さらに成長、学びに繋がります。

最後に

僕は上記順番で行いましたが、

自分がアウトプットしやすい形から始めていいと思います!

ずっと逃げていては成長には繋がりません。

言語化して相手に理解させることで自分の知識となります。

インプットするだけでは記憶はすぐに忘れるため、

ただ聞きに言っただけになってしまいます。

せっかくセミナーに行ったのなら、損しない方がいいですよね!

アウトプットすることでさらに学ぼうと努力し、情報整理が出来ます!

少しづつでいいので実践していきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
RYO
RYO
現在、理学療法士をしています。「将来への不安」+「色々な選択を求め」アフィリエイト開始。ビジネスでは初心者ですが少しづつ成長していきます。よろしくお願いします!!